企業情報

沿革

QMS 沿革

1962年
(昭和37年)
2月 当社の親会社である株式会社エンプラス(旧社名第一精工株式会社設立
1985年
(昭和60年)
1月 同社内にモールド試作品の短納期製作システムの確立を目的としたQMS(クイックモールディングサービス)プロジェクトを発足
1986年
(昭和61年)
4月 同社の関連企業として試作専門会社「QMS株式会社」(本社 川口市並木)を設立。
1991年
(平成3年)
7月 事業拡大に伴い、本社及び工場を川口市新堀に移転
1993年
(平成5年)
10月 半導体関連のICソケットの試作システムを開発、販売開始
1999年
(平成11年)
7月 CSPクイックソケットを開発、販売開始
2000年
(平成12年)
3月 液晶用パネルの検査装置「QLPテスター」を開発、販売開始
2001年
(平成13年)
12月 川口市上青木に本社ビル竣工、移転
2002年
(平成14年)
2月 新事業領域として、試作の枠組みを超えた「クイックマニュファクチャリングシステム」を開発、販売開始
2010年
(平成22年)
10月 試作の新たな領域として、短納期試作の概念を変える「Value 7」を開発、販売開始